So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
庭の風景 ブログトップ
前の10件 | -

雪の中の花壇 [庭の風景]

先日の雪で翌朝庭にでてみると、花壇のシクラメンの花が雪にうずもれていた。そのとき雪を外してやったが、ひつつの花びらの端をちぎってしまった。すこし心配した。
今日昼すこし前から再び雪が降ってきた。たちまち積もって午後になると更にはげしく降りつづいた。午後1時を過ぎて3センチを越えて積もっていた。4時過ぎに5センチを越えたあたりで雪が止んだ。
花壇ののシクラメンはその寒さにちじこまることなく鮮やかな彩りを見せていたが、次第に雪の中に没してしまった。
シクラメンの花が、こんな雪の中でけなげなしく咲いているのを今まで想像したことはなかった。日本の冬の雪にも強い品種をえて、今年の花壇作りは成功したと思う。


チューリップと花壇 [庭の風景]

今朝は曇り空に小雨が降っていた。チューリップの鉢2つのうち、北海屋さんで買ってきた植栽用土を入れた鉢の土の表面がいくらか乾いていて白くなっていた。もう一つの西荻西友で買ってきた植栽用土を入れた鉢のほうは、土の表面は真っ黒で湿っている。
そこで花壇の南側に置いた乾いた土の鉢のほうにジョウロで水をタップリと遣った。しばらくみていると、水が吸い込まれないで、表面に水が張られているままになっている中にブツブツと気泡がはじけている。細かい粉のような土が混ざっているので水が吸い込まず、土の中の空気が閉じこめられ、ときどき気泡になって昇ってきて、はじけて解放されているように見受けられる。
花壇の中の植物群はすっかり落ち着いて元気に見える。その後雨になったので、植物にはいいだろう、そう思ったのである。


チューリップを植木鉢に植え、花壇に花札を立てる。 [庭の風景]

今日はチューリップを植える日である。昨日もらった無地の花札に、あらかじめチューリップの花の種類と色を書き込んでおく。用意した球根は5種類で、各種類毎の袋には4個づつ入っている。
「紫水晶(紫)・紅輝(赤)・白雪姫(白)・黄小町(黄)・由子(白に桃)」
それから外に出て、昨日買ってきた花の植栽用の土、12リットルと14リットルの袋をおのおの2つの大きな植木鉢に入れた。
2つの植木鉢に各種類の球根を2個づつ植え込んで、1つの鉢に花の名前を記した花札を立てた。たっぷりと水を遣って、花壇の両端に置いた。
花壇にも、あらかじめ花の名前を記しておいた花札を立てた。


アメリカハナミズキと花壇 [庭の風景]

KUMA さんから2人来て、アメリカハナミズキの根元に土を入れ、花壇に松の皮を敷いた。取り置いた玉石はツツジとサンショの木の間に置いてある。
しばらく立って KUMA さんが1人来て、仕事の様子を見た。
ハーブ類は時期が遅く寒さに弱いので、来年の春様子を見て補植することになった。
KUMA さんは後片づけをして午後3時過ぎに仕事を終わって帰った。
花壇の植栽図をもらった。
ビョウヤナギ・コデマリ・アベリア・ヤマブキ・ドイツスズラン・シバザクラ・シクラメンビオラ・ローズマリー・ラベンダー・シルバータイム・クリーピングタイム・ゴールデンレモンタイム・ユリオプスデージー.
である。


アメリカハナミズキとボウガシ [庭の風景]

アメリカハナミズキは植え込んでから根元に水を張った。なかなか吸い込まないので根元に土をかけられなかったから、今日は根捲きしたままの姿で見えている。明日 KUMA さんが来て植え込みを完成させる手はずになっている。
2本植わっていて蕾をたくさんもっている。手入れをしっかりとしないといけないな、と思う。
ボウガシは北側の塀の手前に3株が1列に並んで植えられている。根元からも緑の葉が出ていて今どき気持ちがいい。
一株から3〜4本幹が出ている株立ちで、いい雰囲気をもっている。門のところから見て、1階の和室の窓が隠れるように配置してある。まだ塀の上に30センチくらいしか出ていないが、やがて大きくなって茂だろう。楽しみである。


庭の植木・潅木・草花が運び込まれる [庭の風景]

9時を過ぎたころ、植木を積んだ車がやってきて、ボウガシ、アメリカハナミズキなどのほか潅木と草花を、車を運転してきたお兄さんと KUMA さんの2人で庭に運び入れた。
KUMA さんは一人残って庭を調べ、明日新しい土を持ってくるといった。キンモクセイの剪定と竹の伐採を頼んだ。
明日朝から樹木の植栽と花壇作りをすることとなった。
潅木と草花はかなりの種類があって、そのリストをもらってみないと覚えられない。
ボウガシも根元から3〜4本に分かれているもの3本で、なかなかいい木である。
アメリカハナミズキも縦型に枝が整理されているうえ、たくさんの蕾を持っていていい木である。
シクラメンの花もあり、冬から楽しめる構成になっていていいと思う。


建替えのフェンスと新設の花壇のレンガが雨ののち光る [庭の風景]

今朝早く非常に強い風が荒れ、眠りが妨げられた。9時過ぎ玄関先に出て庭を見ると、南の境に、雨に洗われた木製フェンスがやや黄色く輝き、素晴らしく奇麗に見えた。その手前に花壇のレンガがカーブして並んでいて、黒い土をバックに奇麗に輝いていた。
”これでやっと家つくりが終わったわね”と先日聞いた家内の言葉がよみがえってきた。
雨が降って、風が吹いて、やがて寒くなって霜が降りるだろう。
だが今年は今日も25度以上の真夏日を迎えている。
今日、typoooon という日本付近赤外線画像の写真を取得する非常に面白いソフトをダウンロードした。
雲の動きが手に取るようで、雲の動きを見るのがとても楽しみになる。


花壇の基礎作り [庭の風景]

今日は昨日に比べて暖かかった。昼近くになってKUMA さんが一人きて花壇の基礎作りをした。西側の塀の基礎の手前を40センチ以上掘って鉄板を埋め、笹の根が来ないようにした。その前にあらかじめ取り置いてあった玉石を奇麗に並べた。その後石に水をかけて洗っていた。ウッドデッキ、フェンスまわりから後片づけを奇麗にしていた。これでこの仕事が終わったとのことで、後は植木の植え込みと花壇作りである。


花壇のレンガを設置する [庭の風景]

KUMA さんが2人きた。一人はすぐに帰った。レンガを縦に並べて木製フェンスから木の塀まで、緩いカーブに設置した。レンガの色は信楽で、高温で焼き締めた外国製のものである。23センチの高さのレンガを地上に15センチ出すように縦に並べたからカーブは取りやすく、なかなか奇麗に仕上がった。


フェンスの取り付けとウッドデッキ床の塗装 [庭の風景]

雲があるが青空から日がさして、午前中は少し寒そうである。9時半ころ KUMA さんが1人来る。ウッドデッキの塗り残し3枚を今朝仕上げるという。明日羽床の上に出られるとのこと。
フェンスの取り付け、さつきの借り植えをする段取りになっている。
関東ヨメナの話をした。KUMA さんも雑草系が好きだそうである。


前の10件 | - 庭の風景 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。